バッグの一般的な製作工程
  • ①型紙およびサンプルの製作

    ①型紙およびサンプルの製作

    イメージ画や参考見本を元にサンプルを製作します。数回の修正を加えてお客様のご要望に出来るだけ近づけます。【详细】

  • ②生地・部材の手配

    ②生地・部材の手配

    製作数量が多い時やお客様のご要望がある場合は、生地や部材(金具など)をオリジナル製作します。それ以外の場合は既製品からお選びいただいて調達します。【详细】

  • ③抜き型(金型)製作

    ③抜き型(金型)製作

    刃高3〜4cmのスウェーデン鋼型を使用するのが一般的です。縫製の際に必要なアタリ(合い印)もあらかじめ付けておきます。【详细】

  • ④裁断

    ④裁断

    通常はプレス型裁断機にセットされた生地に抜き型を設置しプレス裁断します。金型が必要ないコンピューター裁断もあります。【详细】

  • ⑤パーツ加工

    ⑤パーツ加工

    パーツごとの金具取り付け、部分的な生地の補強(芯材の裏貼りなど)、皮革のコバ磨きと塗り(裁断面の加工)などを行います。【详细】

  • ⑥縫製

    ⑥縫製

    縫製の方法は数種類あり、その方法によって使用するミシンも違います。平面の縫製が多い場合は平台がある平ミシン、立体的な縫製が必要な場合は腕ミシンやポストミシン、複雑で均一なステッチが必要な部分縫いはコンピューターミシンを使用します。また皮革の場合はあらかじめ針穴を型で抜き、手作業で糸を通して縫合する方法もあります。一般的な縫製のまとめ方としては、袋縫い(ステッチが表から見えにくい)、外縫い(ステッチが見える)、バイアスまとめ(テープ状の生地をかぶせてまとめる)、玉縫い(パイプ芯を生地でくるんだものを挟み込む)があります。【详细】

  • ⑦検針

    ⑦検針

    バッグは金具を使用する場合が多いので検針器検針を行うことは少ないですが、一部に検針器対応の金具もあります。【详细】

  • ⑧検品

    ⑧検品

    指定通りに仕上がっているか1つ1つ丁寧に検査します。【详细】

  • ⑨梱包

    ⑨梱包

    指定の個包装を施し指定数をケースに梱包します。【详细】